不動産投資をするときには売主の事情を必ず聞いて

不動産投資をすると気には、できるだけ安く物件を手に入れることが収益をあげるうえでとても重要です。
不動産は、売主のいろいろな事情で売りに出されます。

なぜその物件を売りに出すことにしたのか、売主の事情を聞くことで、さらなる値引きを交渉したり、物件獲得後の収益アップにつなげることもできるのです。

例えば、物件を相続したものの、本業が別にあり不動産投資や不動産経営をする余裕がないという場合。

物件の管理が悪くて入居率が低い状態であれば、管理を良くして家賃アップ、入居率アップの余地があります。
その上、売り急いでいるのであれば、値引きの交渉も可能性があります。

年配の方や、不動産投資をしている方が財産の整理をするために売る場合もあります。売主が法人であれば、決算までには売りたい、という事情もあるでしょう。
このように、売主の事情をよく理解することで値引き交渉のポイントや、収益アップの可能性を考え、収益が確保できるかどうかを検討するのです。

売り急ぎなど特別の事情がないのに割安に放置されている物件にはよくよく注意が必要です。思わぬ瑕疵が隠れていることがあるからです。

地盤が軟弱で、基礎が傾いている、シロアリ被害がある、手抜き工事で作りが雑、など、建物に重篤な問題があるのかもしれません。

また、反社会的勢力などが背後にからんでいるかもしれません。このように、売主の売りたい事情の裏をよく調べることでババ物件を掴むことを防ぎ、収益の上がる物件を見つけることができるのです。